株式会社 ケーヤード

フォトログ (2011年 花咲港に移転後から)

フォトログ(2012年)

┃ホーム┃



2011ー12-30

  28日に気仙沼衆6人朝から帰省させ、 29日に根室の衆だけで午前中で
清掃・お飾り・戸締りし御用納めしました。 休み直前の超幸福感。
根室のお世話になった方々にお礼・報告参りしてから、 早々と釧路の
ビジネスホテルにとりあえずむかい、 家内と2日間息抜きしてきた。
めっちゃ、 しんどい年だった。 はっきり・・ ボロボロ。 後一週間、
正月休みが遅かったら2人とも倒れていたかもしてない。 ギリギリ。

朝のホテルの窓から。 MOOと幣舞橋が見える、 今朝の積雪も少しだし。
釧路川ではちょっと上流にある木場に木材を引っ張っている作業船が見える。
釧路らしい風景の一つなんだろうなあ。 ゆったりした気分、 私らにだってね。




111214

  陸前高田、 気仙沼から15分、 国道45号線を北上した岩手県海岸線最南端の町。
南からの市の入り口に気仙川あって大橋の上から右手海側を望む。

ど根性の一本松が見えます、 力尽きていると聞いたが、 間に合いました。
ここら辺は松林があり海浜公園と海水浴場。 最近では被災前なんか、 家内と去年
から始めた自転車をバンに2台積んでよく行ってたし。 ちょうど今頃の時期か。

どんな都市計画で蘇るのでしょうか? 大きな産業もあまりない陸前高田市でしたが
伝統を継ぎ、特色を生かしつつ、 まず市民の生活復帰から、 末永い国の支援で以前より
魅力あるほっとする街が早く完成し皆さんが幸せを感じれることをお祈り申し上げます。
家の社員も1人ここ出身がいます。 ともに文句もたまには大いに言ってさ、 頑張っぺしね。




111207

  花咲港での進水式後の餅まきです。 長谷川市長さん最後までお疲れ様です
お祝いに駆けつけて頂きまして、 いつも気にかけて頂き感謝申し上げています。

それにしても工藤造船を私に譲り渡して頂きました前工藤造船所社長の
由美子さん、 市議会の神(じん)さん。 同時に1個のお餅に向い争って突進ですか?
さすが人生経験が大ありの方々。 争って餅拾いは祝いの基本・礼儀なのです。
知っておられるのですね。 さすがです。 肩を並べようと思ったこともありませんし。




111205

  こんなに寒い所でも、 アルミ漁船が造れますの実証会ではありません。
気仙沼以外での進水、 やっぱり泣けちゃいました。 やっぱ、 家の船だ、 美人だし。
3D的にはこの角度が好きだ、 そうそう、 この船は新LINEなんです。




110918-5
このスポットがいいかも。 長男は知床岬も摩周湖も霧だった、 ここだけはよかって
救われたみたい。 寒がりの母さんだけ心配しやがって、 クソガキ2人はつまらんわ。




110918-4
神の子池、 ナイスネーミングだ。 本当、 何回来ても神秘的。 私、根室から網走
に行くときいつもここを通ります。 通称裏摩周→小清水→ジャガイモ街道です。




110918-3
北海道 いち押しのスポット、 裏摩周街道の裏摩周展望台の北側のある 神の子池




110918-2
なんなんだかな? オシンコシンの滝のおみやげ屋にて。




110918-1
長男が来根したときの日帰りツアー。 知床八景-オシンコシンの滝
霧の知床峠降りて 斜里からウトロの間に、 展望台は見逃した。




110731-10
次男の全ツアーは快晴でした、 母親に似てクソ強運の持ち主。




110731-9
摩周湖です。




110731-8
摩周湖です。 ここは南側のビューポイント。 ここは人気のショット場。




110731-7
摩周湖です




110731-6
摩周湖です




110731-5
摩周湖です。 快晴です。 超幸運。 第1展望か第2か忘れましたが、
北側のビューポイント。




110731-4
川湯温泉入口の硫黄山、 生きてますな、 地球。




110731-3
知床峠から羅臼岳




110731-2
知床峠中腹あたりから羅臼→国後を望む、 大好きな原始林に圧倒。




110731-1
尾岱沼、 野付半島のトドワラ、 次男が来根した時の日帰りツアー。
ここらの案内は "ここを見て" ここの野付温泉は塩湯でかけ流し、 ごっつう温もる、
北海道の自分の好きないい温泉のひとつ。





110913
少し質問に、 たじたじしましたが無事終了。 隣の根室造船は鋼船で
  ケーヤードはアルミ船と2社を回り小学生にしては高度な実習だと思う。
男の子は船つくりに興味を持ったみたいで楽しみだ、 すぐ大きくなって
ケーヤードの社長になり、 根室・水産業会を背負って立ってください。




110913
三洋丸さん、 かわいい小さな手でナデナデしてもらって、 パワー
  注入だな。足元や、 突起とか結構危ないのでハラハラします。




1100913
今日は根室市海星小学校の5-6年生の皆様が施設訪問学習に。 自分らの
  子育て時代を思い出し社員全員元気になりました。 めんこいものだ。 若返るね。
先生もかわいくて・・ (こらこら)




110830
見えますか? 花咲港の防波堤の沖に水揚げ待ちのサンマ船がのっこり。
  やっとまとまって来たか。 今日1000トン以上上がるとか。 また、 サンマ
もらえる・・・、 本当、 気仙沼人も認めます。 根室に来てよかった事。
こんなにサンマが旨いなんて。 全員サンマ好き。 毎日食べてます。





家の第十八 明洋丸 (29トン はえなわ・サンマ棒受け網漁船) 3年前に竣工。
初水揚げで極上の"一本立ち" 2箱 頂きました。 この船頭は値打ちのある
お人だ。 キロ2000円以上、 1箱 な・・なんと一万円以上。 たとえると、 一人で
刺身にして20尾一気に食べてしまいたいって程 旨い。 これは献上品やな。
祝儀相場での換算ですので盛漁時はお手ごろになりますので。 今年の小型での
サンマ漁もこの明洋丸の活躍に目が離せないな。9月1日現在も小型で当然
トップクラス。 これはお約束事でして。 未だにサンマ全船が花咲港に集結
しています。 花咲港は今は銀座ですが、 全船が南下すれば、 俄然寂しく。
 





歯舞漁組・さんま部会の船上沖詰です。 犯罪です。 こんな旨いサンマ(当然
である。)食べてはいけません。 漁倉に入れていない、 網から揚げて即デッキ上の
氷タンクがっちり冷やして、 極上を選別し丁寧にパックしたもの。 だから
美味しくありません。 別物です、 サンマではありません、 誰にもあげたくない。




110809
K-Yardに来てくれた第三区の夜の部、 リズムがすばらしい、 来年は動画掲載ですね。 詳しくは
この祭りをYouTube等で検索してみてください。 いいパワーが頂ける若者の祭典です。
くそウ、 カメラ忘れたのが悔やまれます。、 携帯のカメラですが・・・




110809
何これ、 ワカモト入り? 気になっただけだけど・・ 聞けば評判いいそうだ。
こんなに怪しい・・・、 昭和の臭い。 いいね、 やっぱ、 祭りはテキ屋さんだわ。




110809
根室の 「こんぴらさんの夏祭り」 です。 宮司さんは 「祭りの心は和の心、
和の心は郷土繁栄の源」 と言ってます。 和の心ですね、 復興も。 この祭り、
見くびっていました。 すごいパワーです。 わが気仙沼の"はまらいんや"
も自慢したくなった。 3日続きの1日目から飛ばしてるね、 若い活気が
すごい、 拍子がいい、 来年きっちりと3連休で見てみたいと言う気が。
写真は4祭典区の手古舞と山車の競演する根室繁華街の緑町交差点。




110809
祭典区が4区あって、 今朝9時頃、 この第三区が花咲港から練りまわり
ケーヤード構内にもお越しくださった。 何十人の若者がで気持ちを込めた
舞と囃子 (私は邪気の払いに? と感じ取れました。 ありがたいことです。)




110717
16日 根室に帰ってきました。 ここは何故か 7月お盆、 今日17日は
根室のみなと祭りなんです。 気仙沼も来月初めに花火大会するとか?

ケーヤードで6棟雇用促進住宅をお借りしている部屋から、 西側の
根室港を望む。




110711
夏のピーカンの青空、 ケーヤードの工場の近くの川、 19トン漁船
暑い、 34℃ 根室は寒いので十分暖まって帰ります。




110713
何千トンの起重機船なんだろう、 5朝洋丸を吊り上げています。




110711
5朝洋丸 180トン サンマ船、 巨大LEGOブロック組の船台に乗ってます。




110711
気仙沼南駅前の通り、 未だこんな状態。 下水が溢れとんでもない臭い。
この前に、 友人の居酒屋 「夢一里」があった。




110710
気仙沼に帰ってきました。 気仙沼駅前のホテルに泊まりました。
気仙沼でホテルに泊まる? なんとこれが現実。 駅前の灯台はアルミ製です
K-Yardが紀陽工業時代(20年前)に造った。 造船技術です。 ここは被災なし。
ここの風景見て、 被災が嘘であってもらいたい。 と思うのは誰しも。




110702
起工式を執り行いました。 全員が玉串奉天、 今までで最高の起工式でした。
ここまで来れたこと・・ 穏やかな気持ちで満たされ・・ 頑張れないはずがない。

造船所を二つ返事で 「いいわよ!」 って言って無償で貸して下さった工藤造船所
工藤由美子 社長さんにも快く出席頂きました。 いつも男前な母さんで、 頼って
います。 菅原船主さんとともに一番心からお蔭様でを語りたいお方ですから。




110619 花咲港にパシフィッククイーンがお目見え。 客の平均年齢は70歳とか




110617 全員で槌音あげてます。


110617 明るい いい工場だ。 マーキンの明るさ問題なし




110617 昨日家内と2人で一週間でオホーツク宗谷から一回り
お礼・報告に行き帰ってきました。

110614 帰り道に 音標港に 38えさし丸


110613 干潮時には八尺に気を付けてね、 中央部に小ピンドル1つだけは
かわいそうです。 でも傷・凹みひとつ無し。 防舷材が無いからです。


110613 大きなモッコですね


110613 "みかさ"入港 (東浦AM7:00) ホタテ11トンなそうです。
スラスター使いこなしていました。 嬉しい。
賄いのおかず 根室にいっぱい送ってくれっておねだりしてしまいました。



道中・・・何気に嬉しくて。 貝柱の裏箱に家のあさひ丸が写ってたから
10日に家内と2人でオホーツク一回り宗谷から網走まで お礼・報告参りに出ました。





110608佐々木常務と高橋の2名は未だ来られず、 揃った皆と宮司さんと記念写真
中央の看板は気仙沼からもって来ました。 写真クリックで大に、 皆の笑顔がいい
宮司様ありがとうございました。 これからはよろしくお願いいたします。


皆、年取ったなア〜 20年前はどこの造船所よりも平均年齢が若かったのに


いい忘れてたのに、 事務所の神棚もお祓いして頂きました。
本場四国金比羅山から抱いてもち帰った大札は気仙沼から
当然に持ってきました。 どろどろでした。 宮司さんの心中も。


ジブクレーンのお払い。 大したいい設備を継承します。


110608 根室の金比羅神社の宮司さんに工場のお祓い・安全祈願をして頂きました

1歩から始めてます。 根室市の休業された工藤造船所をお借でき、 やっと造船の仕事が
できるようになりました。 落ち着いて感謝出来そうな気がおきてきたのを機に金毘羅
さんに家内と2人でお祓いをお願いしに行かせて頂いた。 まさか宮司様本人がお越し
下さるとは思いませんでした。 大変心強く、 清らかな気持ちになり、 ここでとにかく
頑張らねばならない会社。 お任せし、 無心でやろう、 何事も。 とか考えていた。



┃ホーム┃